アルコールの飲み方に注意する

適量ならストレスをやわらげる作用があるアルコール。しかし、ストレス発散や不眠などの解決手段として繰り返し飲んでいると同じ量では満足できず、酒量が増えてしまいがちです。アルコールは依存性物質ですから、過度の飲酒が続けば、誰でもアルコール依存症になります。健康的にお酒を楽しむためには、週に1〜2日、「休肝日(お酒を飲まない日)」をつくることが大切です。

適性飲酒 7か条

適量のアルコールとは、

適量=1日平均純アルコール約20g

〈 参考資料 〉どんまい18号「アルコール依存症からの脱出」http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/kokoro/donmai/img/donnmai18.pdf